カテゴリ:その他( 226 )

木下陽一写真集

b0190540_16112212.jpg
b0190540_16111549.jpg
b0190540_16110492.jpg
b0190540_16105051.jpg

同じく、本棚に本集を見付け、ペ-ジをめくる。
内、故郷の3枚を紹介せり。
◆中津城(黒田官兵衛築城)
◆合元寺(通称:赤壁寺)
◆福沢諭吉旧居
◆深耶馬渓(頼山陽命名の渓や岩など多し)

カボス汁甘酸っぱくて故郷なり
(おそまつくん!)


by getteng | 2019-12-05 12:00 | その他 | Comments(6)

六郷満山物語

b0190540_15543179.jpg
b0190540_15541597.jpg
b0190540_15540732.jpg
b0190540_15535238.jpg

本棚を整理中、大分合同新聞社発行の「国東半島紀行 六郷満山物語」が目にとまり、
懐かしくぺ-ジをめくった。
都合11回ほど行っているが、全てを見たわけではない。
最も残念なのが武蔵町の西光寺(さいこうじ、臨済宗)に行っていないこと。
本寺には(老生が勝手に命名の)国東のマリア様なる救苦観音がおられる。
本尊は阿弥陀如来像で、木造であるが金箔を塗っているため木目は見えないらしい。
写真で見るに、実に優しい慈悲に満ちたお顔をしている。
でも、当時、知人は撮影は禁止されていると言っていたような。。。

野仏にめぐり逢える秋惜しむ

目をつぶると、赤とんぼが野仏の頭に止まっている光景が思い浮かぶ。
国東町の安国寺(臨済宗)には投宿した山頭火の句碑が多かった。

日暮れて耕す人の影濃し
(昭和4年11月28日投宿)


by getteng | 2019-12-05 00:00 | その他 | Comments(12)

勤労感謝の日

b0190540_15530402.jpg
b0190540_15524857.jpg
b0190540_15522947.jpg


この月刊誌「アサヒゴルフ」は1983年4月号だが、
これに老生の最初で最後のホ-ルインワン物語が載っている。
37年前の1982(昭和57)年11月23日に取引先のコンペでやってしまったのだ。
とにかく、当日はおかしかった。
ゴルフ場に向かう車の中でホ-ルインワン保険のことが話題になっていたのだ。
最初のショ-トホ-ルでいきなりエ-スが出たのだが、
次のショ-トでは10cmにつけバ-ディ、その次のショ-トでパ-、
最後のショ-トでボギ-ならサイクルショットだと言われて動揺したのかダブルボギ-。
結果は参加24人中23位の大荒れのゴルフだった。
写真を見るに何歳だったのか、まだ髪がふさふさし、老生も若い時があったのだ!
で、抽選の結果、オメガの腕時計を当て、散財させられたものの懐かしい思い出だ。



by getteng | 2019-11-23 12:00 | その他 | Comments(15)

丸くなった人間or人間が丸くなった?

b0190540_00052594.jpg

自己主張減る少しは丸くなり(中国柳壇)

カドが取れたって、ただ人間がすり減っただけじゃないか
・・・と、せんだみつおが言っていなかったかな?
🔲→◉→▲
太って丸くなるよりマシか?


by getteng | 2019-11-09 00:00 | その他 | Comments(10)

STREISAND

b0190540_16221188.jpg

「GUILTY」に収録されている「WOMAN IN LOVE」他9曲を聴く。
「Mee Too」運動が盛んになった時、彼女は面白いことを言っていた。
「私の鼻は長いので、そういうことには縁がなかったのかも・・・」


by getteng | 2019-10-18 12:00 | その他 | Comments(0)

Barbra Streisand

b0190540_16001278.jpg


「A Love Like Ours」に収録の「I've Dreamed Of You」他12曲を聴く。
老生とって、彼女は最大級のお気に入りのヴォ-カリストだ。


by getteng | 2019-10-17 12:00 | その他 | Comments(8)

宮島ビ-ル

b0190540_11161254.jpg

デパ地下で宮島ビール発見!
島の地ビ-ルだと思ったら、製造元は山口地ビ-ルだった。
ラベルは違っても味は同じ。
老生の好みではござらん!


by getteng | 2019-10-16 12:00 | その他 | Comments(4)

檀家減、増える廃寺

b0190540_15490186.jpg


中国地方は10年で91法人が解散や合併。
過疎、高齢化が進む中山間地域を中心に檀家が激減、人手や資金面で寺の維持が困難になったため。
その数が最も多かったのが島根県の30法人、広島県は21法人だった。
(注)写真と本文は無関係。


by getteng | 2019-10-09 12:00 | その他 | Comments(8)

「ヒロシマの被爆建造物は語る」

b0190540_12302956.jpg

未来への記録として被爆50周年に広島市が発刊したものであるが、
改めて見るに現在被爆建物として姿をとどめているのは(原爆ド-ムは別にして)
旧日本銀行広島支店、旧広島文理科大学本館、旧広島陸軍被服支廠程度になってしまった。
あれから74年も経てば当然ともいえるが、
他地区から来広される人々には今の姿は信じがたいということになるのかも。



Note:
一昨日、PCが寿命なのか、操作中にぶっ壊れてしまい、
excite以外のブログに接続できません。
(ぶっ壊したというのが正確かも?)
貴訪できないことをお許しください。
画像処理もできず、新しい投稿もできません。
メアドも住所録も全て消えてしまい頭を抱えているところです。
資金需要旺盛な今日この頃、また高額出費は頭に来ますよ、ったく!
老生の寿命よりもPCの方が先だったとは(;´д`)トホホ


by getteng | 2019-09-30 00:00 | その他 | Comments(14)

「平和の栖(すみか)」~広島から続く道の先に~

b0190540_20054556.jpg
戦後74年を経て、広島の復興を証言する作品は、
これが最後となるかも知れない480ペ-ジをやっと読了した。
1945年8月6日午前8時15分、
広島を死の街へと変えた原爆が投下された直後から、
広島市民の生きるための闘いは始まった。
文献と証言、現場取材を織り交ぜながら、臨場感豊かに描く。
広島を知ることは=日本の未来を考えることだ。。。

表紙の原爆ド-ムを背に祈る姿の写真は、
以前本ブログで紹介したことのある
当県庄原市出身の宮角孝雄氏のものだ。

by getteng | 2019-09-05 00:00 | その他 | Comments(15)