2019年 05月 01日 ( 1 )

定点観測@旧広島陸軍被服支廠

定点観測@旧広島陸軍被服支廠_b0190540_00504772.jpg
定点観測@旧広島陸軍被服支廠_b0190540_00503888.jpg
定点観測@旧広島陸軍被服支廠_b0190540_00502740.jpg
定点観測@旧広島陸軍被服支廠_b0190540_00501832.jpg
定点観測@旧広島陸軍被服支廠_b0190540_00500866.jpg
定点観測@旧広島陸軍被服支廠_b0190540_00495940.jpg
定点観測@旧広島陸軍被服支廠_b0190540_00494609.jpg
定点観測@旧広島陸軍被服支廠_b0190540_00493382.jpg


原爆を見た鉄扉も、見た目には大きな変化を感じないものの、
時代の流れを物語っている。
爆心地からの距離2,670m。
1913(大正2)年8月竣工。
RC造(煉瓦張り)2階建て。
本建物は我が国のコンクリ-ト造建築の初期の実例である。

当日の万歩計:5,056歩

余談:
4月の歩数は209,613歩(104.8%)だった。
これ以上、ハ-ドルは上げる気はない。


by getteng | 2019-05-01 00:00 | 広島市南区 | Comments(20)