2018年 02月 25日 ( 1 )

被爆旧変電所解体

b0190540_12033604.jpg
b0190540_12032741.jpg
b0190540_12031752.jpg
b0190540_12030752.jpg
b0190540_12025868.jpg
b0190540_12024933.jpg
b0190540_12023883.jpg
b0190540_12022756.jpg


南区宇品の被爆建物・旧中国配電南部変電所の解体が始まった。
建物の一部を被爆を伝えるモニュメントとして残すよう市は業者と協議中。
本ビルは1943年に建設、RC造2階建て、延べ約370㎡。
爆心地からの距離は約3.8キロ。
原爆に因り窓ガラスが割れるなどしたが、
被害は比較的軽く、被爆の翌日から送電を再開したという。

市の被爆建物登録は1996年の98件から、今回の抹消で85件になった。
新聞記事になったときには既に不動産業者への売却が決まり、
解体工事が始まっていたことになる。
よって、裏側からほんの少しと撮れただけ。

当日の万歩計:7,748歩



余談:
某情報筋によると、
米CIA が痔眠党最大派閥「清和会」(細田会長、安倍首相もメンバ-)を
「解体・根絶」する作戦を密かに進めているという。
CIAは「時代遅れの同会と安倍の歴史的使命は終わった」としている。


by getteng | 2018-02-25 00:00 | 広島市南区 | Comments(16)