2016年 07月 15日 ( 2 )

永六輔氏逝く


b0190540_13523245.jpg


彼の本は数冊読んだが、過日大量処分して今我が家にあるのは「一言絶句」一冊のみ。
彼は「創句」の発案者だった。
「俳句のようなもの」つまり短文なら何でもどうぞ、ということで始まったもの。
日本人の五・七・五調からの解放運動(?)でもあったのかも。
二代目がテリ-伊藤氏で、当時月刊「宝石」に掲載しおり、
愚生は1999年の入院時応募し数点採用された。
「自腹を切っても腹は出る」「あとは野村となれ山一となれ」等々。
これらはまとめてテリ-伊藤の「一言絶句」として出版された。
三代目は漫画家の黒何とかが担ったが、その後どうなったのかは確認できていない。

永氏は短気だったのかもわからぬが、文章は短く簡潔で好きだった。
愚生は、コンマやピリオッドのないような物言いは大嫌いだ。

彼が渥美清氏と北米を旅したときのエピソ-ドを綴ったのを読んだことがある。
渥美氏はどこに行っても絵ハガキをおふくろさん宛てに出していたが、
全て「俺、元気」だけだったと・・・。

ご冥福を祈り上げます。合掌


by getteng | 2016-07-15 15:00 | その他 | Comments(6)

近ブラ@南大河町


b0190540_16342462.jpg


b0190540_16344310.jpg


b0190540_1635383.jpg


b0190540_16351651.jpg


b0190540_16352998.jpg


b0190540_16354356.jpg


b0190540_1636157.jpg


b0190540_21162867.jpg


b0190540_21164640.jpg


b0190540_16361786.jpg


気付けば、廃屋ばかり撮っていた。
以前のブログでは某嬢から、「配管ikko」とか「あばら家ikko」なんてニックネ-ムを付けられた。
ikkoはその当時のHNである。

本件とは無関係な話であるが、4枚目の”すだれ”で思い出したが、
東電の凍らない凍土壁にさすがの原子力規制委もイライラを爆発
「壁じゃなくて『すだれ』じゃないか!」
国費を300億円も使って、東電っていったい何をやってるのか。

当日の万歩計:5,037歩


by getteng | 2016-07-15 00:00 | 広島市南区 | Comments(20)