2011年 08月 07日 ( 1 )

そのお陰で、緑はふたたび輝けました。

そのお陰で、緑はふたたび輝けました。_b0190540_2295382.jpg


そのお陰で、緑はふたたび輝けました。_b0190540_22101284.jpg


そのお陰で、緑はふたたび輝けました。_b0190540_22102947.jpg


そのお陰で、緑はふたたび輝けました。_b0190540_22104516.jpg


そのお陰で、緑はふたたび輝けました。_b0190540_22105742.jpg


そのお陰で、緑はふたたび輝けました。_b0190540_22111457.jpg


そのお陰で、緑はふたたび輝けました。_b0190540_221130100.jpg


・・・という記事が中国新聞に掲載されていた。
写真は旧日銀をバックに頼山陽史跡資料館庭の被爆樹クロガネモチ。

まさに復興する街を見守るように、
隣り合わせで生きてきた樹木と建物である。
旧日銀は爆心地から380mという近さで原爆にも耐えた。
これが大きな壁になったお陰で、資料館も全壊を免れたのだ。
生き抜いたクロガネモチは今では5mを超える高さまで成長し緑々している。

広島・中区にて

by getteng | 2011-08-07 00:00 | Comments(12)