2011年 08月 06日 ( 1 )

フクシマの道標とは

フクシマの道標とは_b0190540_21112560.jpg


フクシマの道標とは_b0190540_2111362.jpg


フクシマの道標とは_b0190540_21114765.jpg


広島の爆心地から1km圏内で生き延びた人は奇跡だった。
しかしやがて多くの人は死に、傷ついた。
原爆が落とされた年の終わりまでに、およそ1万人が亡くなった。
加えて、その後も、放射能は人体へ影響し、
外傷がないのに人々を死に追いやり、後遺症で苦しめた。

被曝者がいなくなったら、直に体験し残されたものは、
被爆した建物や橋、樹木などに限られてくる。

原爆を見た建物はヒロシマの出来事、
復興や被曝者の体験を記憶して生き、
これからも生きるべき”道標(みちしるべ)”なのだ。

(山下和也他著「原爆を見た建物」から)

原爆と原発は違うが、
フクシマの原発はやがてフクシマの道標となるのか?
フクシマの原発、ヒロシマの原爆。

広島・中区にて

by getteng | 2011-08-06 00:00 | Comments(20)