2011年 04月 30日 ( 1 )

古いフイルムから~故郷・中津

フイルムを廃棄処分中に懐かしいものを見付けたので、
その一部を紹介するが約20年前のもの。

故郷の大分中津はかつて城下町として繁栄した名残が随所に残り歴史散歩も楽しい。
中津は天正16(1588)年、黒田官兵衛孝高(如水)の築城に始まる。
その後、細川→小笠原→奥平と城主が代わる。
中津城(別称:扇城)はもともと天守閣はなかったが、
1964(昭和39)年に再建する際、奥平のバカタレ子孫が歴史をひん曲げて造らせたもの。


古いフイルムから~故郷・中津_b0190540_20594526.jpg


合元寺(通称:赤壁寺)は天正15(1587)年に黒田如水が建立した古寺。
宇都宮鎮房との戦いで門前の白壁は血潮に染まり、
以後いくら塗り替えても血痕が浮き出てくるため、赤壁に塗り替えたと伝えられあり。
古いフイルムから~故郷・中津_b0190540_2134040.jpg


中津浄水場跡。
中津城北側に流れる中津川の辺りにあったものか?
古いフイルムから~故郷・中津_b0190540_215334.jpg


母校・南部小学校正門(大昔の大名屋敷跡)前にあるキリスト教会。
カトリック、プロテスタント、その他までは確認できおらぬ。
古いフイルムから~故郷・中津_b0190540_2173082.jpg


大分・中津にて
by getteng | 2011-04-30 00:00 | Comments(12)