2011年 01月 16日 ( 1 )

市営基町高層アパ-ト

市営基町高層アパ-ト_b0190540_1331318.jpg


市営基町高層アパ-ト_b0190540_133521.jpg


市営基町高層アパ-ト_b0190540_1342533.jpg


市営基町高層アパ-ト_b0190540_1345979.jpg


此処基町には旧軍用地(輜重隊、野砲隊、陸軍病院など)が多かったが、
終戦後はいわゆる掘立小屋が密集していたところ。

現在は、住宅棟、人工地盤、店舗、学校などが計画的に配置されているが、
当地では戦後復興のシンボル的な再開発で広島の新しい顔の一つとなった。

設計:大高建築設計研究所(大高正人)。
竣工:1978年。

以前、雪が降っている最中のモノクロの世界のような
四国五郎氏のスケッチで見たことがあるが、
同氏は「封建領主と現代の庶民の城塞」云々と表現していた。

Sarah Brightman:Alhambraを聴きながら。

広島・中区にて

by getteng | 2011-01-16 00:00 | Comments(15)