六管桟橋

b0190540_08192462.jpg
b0190540_08191520.jpg
b0190540_08190602.jpg
b0190540_08185774.jpg
b0190540_08184056.jpg

明治22年に築港された(広島)宇品港は、
日清・日露戦争を契機に、昭和20年まで主に旧陸軍の軍用港として使用されてきた。
それが3枚目の六管桟橋であり、桟橋の石積みを公園の護岸として保存している。


by getteng | 2019-06-25 12:00 | 広島市南区 | Comments(4)
Commented by meife-no-shiawase at 2019-06-25 13:25
またもや強烈なお写真。
恐怖さえ感じます。
すごいです・・・こんなお写真が撮れたら楽しいですね。
Commented by kagurakko at 2019-06-25 15:25 x
こんにちは、getten さん。
又、大雨の前の雰囲気ですが。
下、2枚は、撮られた日も違うのですか?
前撮りもお天気がよさそうで良かったです。  
Commented by getteng at 2019-06-25 15:42
meife-no-shiawaseさん
空模様が怪しい時には、斯様な写真で仕上げられますが、普段はあまり好まないものです。
Commented by getteng at 2019-06-25 15:43
kagurakkoさん
同じ日ですが、あまりお天気は良くなかったですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 街中のア-ト(1923) 旧広島文理科大学千田キャンパスにて >>