近ブラ@旭町

b0190540_15151689.jpg
b0190540_15150735.jpg
b0190540_15145945.jpg
b0190540_15145030.jpg
b0190540_15144167.jpg

三國屋は海苔の地場業者。
亡くなった社長は老生の同窓だった。

当日の万歩計:8,429歩



余談:
昨日、街中から横川方面(西)行きの路面電車に乗るつもりが、
広島駅方面(東)行きに乗車していることに気づき、
慌てて途中下車し、西行きに乗り換える体たらくを。。。
ランナ-一塁からセンタ-への如し。
アラン&バ-バラ・ピ-ズ共著「話を聞かない男、地図が読めない女」ではないが、
老生の方向音痴はいくら歳をとってっても治らず:(;゙゚''ω゚''):


by getteng | 2019-06-06 00:00 | 広島市南区 | Comments(16)
Commented by 三面相 at 2019-06-06 06:43 x
暑くなってきましたねえ。
今日もまた暑そうです、困った困った。
Commented by getteng at 2019-06-06 07:03
三面相さん
これからホ-ムドクタ-検診です。
今日は頸椎のエコ-検査もあります┐(´∀`)┌ヤレヤレ
Commented by まーさん at 2019-06-06 07:58 x
若々しい生徒さんたちの笑顔、いつ見てもうれしく元気をもらえます。
健康に素直に育ってほしいです。
Commented by いかちゃん at 2019-06-06 08:05 x
おはようございます
「話を聞かない男、地図が読めない女」・・・

いかちゃんもよくありますねぇ~~~(~_~;)ウゥ~~~ン
Commented by blackfacesheep2 at 2019-06-06 09:03
屋号の入った木箱、雰囲気ありますね。
機能性ではきょうびの収納ボックスには敵わないのでしょう。
でも、存在感がまるで違います、写真に撮りたくなりますよね。
Commented by 北の旅人 at 2019-06-06 09:26 x
このようなノリの箱とかお茶の箱は防湿性が
優れているので、昔の人は、これに衣類を入れて
収納してましたね、 我が実家にも何箱かありましたよ。
北旅も方向音痴です(汗)
Commented by voyagers-x at 2019-06-06 09:37
おはようございます ! !
最後の写真、こういうの撮りたいです
適当な表現ではないかもしれないですが
社会で習った三角州をふと思い出しました笑

Commented by kagurakko at 2019-06-06 09:49 x
おはようございます、gettengさん。
芸州三国屋の海苔が我が田舎の戸河内インターの側に有ります。
工場でしょうか?
Commented by inuwan33 at 2019-06-06 11:01 x
最後の写真、横尾忠則の絵見たいですね。
ブログ再開しました。
Commented by getteng at 2019-06-06 11:33
ま-さんさん
これは老生行きつけの眼科に貼ってあったポスタ-です。
女子から笑顔や笑い声が消えたら、もうその国はお終いです。
Commented by getteng at 2019-06-06 11:34
いかちゃんさん
奥様の話を中途半端に聞き、いつも怒られている貴兄を想像しております(・∀・)ニヤニヤ
Commented by getteng at 2019-06-06 11:38
blackfacesheep2さん
昔の茶箱が欲しいのですが、仙台まで行かないと入手困難ですかね?
そういえば、老生の大学生時代まで行李or梱(こうり)というのがありましたが、
今は全く見ない物になりましたね。
Commented by getteng at 2019-06-06 11:40
北の旅人さん
茶箱が欲しいのですが、入手困難ですね。
父の実家は静岡の茶園なんですが。。。
貴兄も方向音痴と聞き安心しました。
二人で間違えば怖くない。
Commented by getteng at 2019-06-06 11:41
voyagers-xさん
横尾忠雄がこういう絵を良く描いていますね。
Commented by getteng at 2019-06-06 11:42
kagurakkoさん
工場でしょうね。
商行センタ-にも本社と工場らしきものがあります。
Commented by getteng at 2019-06-06 11:43
inuwan33さん
PCが復活しましたか。
その間はさぞいらいらしたことでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 街ブラ@八丁堀 ガラスの中の女たち(1957) >>