YHRPミュ-ジアム③

b0190540_12215097.jpg
同館の陶版画「トルコの襲来」、「パラダイス(エデンの園)」、「最後の審判」2点、
「ノーモア・アウシュピッツ」、「ノ-モア・ヒロシマ」、「希望の光り」等々、
何が何だかわからなくなってしまった!


by getteng | 2019-01-25 11:41 | 広島市南区 | Comments(8)
Commented by ヒューマン at 2019-01-25 12:23 x
こんにちは
陶版画 すごいものを製作しますね
凡人にはわかりません
Commented by getteng at 2019-01-25 13:18
ヒュ-マンさん
芸術かって、いったいどうなってんでしょうね?
何が何だかわからなくなってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ
Commented by kagurakko at 2019-01-25 13:28 x
こんにちは、gettengさん。
陶版画、見たことはありませんが・・・
陶器製ですよね~、タイルみたいなものでしょうか?
平和公園の国際会議場の外階段の壁面にあるのが、陶版画でしょうか?
Commented by getteng at 2019-01-25 13:46
kagurakkoさん
その通りです。
国際会議場は、その内に確認しましょう。
Commented at 2019-01-25 15:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by blackfacesheep2 at 2019-01-25 17:45
お~、インパクトあります♪
重たいテーマを扱っているのに、すごく軽やかに感じます。
こういうのがアーチストの才能ってことなのでしょうねえ♪
Commented by getteng at 2019-01-25 19:58
北の旅人さん
とても嬉しい予報です!
個展を開催し、写真集も出版とは羨ましい限りです。
大いに期待しております。
Commented by getteng at 2019-01-25 20:01
blackfacesheep2さん
ポ-ランドには凄い作家さんたちが大勢おられるのですね。
バシャバシャ撮ってしまい、どれがどれか収集が付かなくなってしまいました(´;ω;`)ウゥゥ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 懐かしい写真(28) ガラスの中の女たち(1906) >>