これから東欧を襲う激しい人口減少

b0190540_15494213.jpg


あるコラムから引く。
チェルノブイリ原発は30年後の今も極めて危険で、人口減少と放射能汚染は強い相関関係がある。
上のイラストは2050年までの欧州の人口増減予想で、
緑が濃いほど増加、赤が濃いほど減少が大きいことを表している。
東欧諸国は「合成特殊出生率」が非常に低い、即ち、病死が多く、不妊、流産、死産が多い。
これらの傾向は今後30年以上続くと予想されている。
原発事故が、1千キロ以上離れた国まで、何十年、何百年にも亘って決定的なダメ-ジを与える。
日本は、世界最高レベルの高齢社会で、東欧諸国とは比べようのない速度で人口が減少、
福島復興どころではなく、国家として存続が危ぶまれるほどの状況に陥るのは必至だ。

人口は激減、借金は増えることはあっても減らず、放射能だけが残る日本列島なんて考えたくもない!
にもかかわらず、まだモリカケ問題なのか!


by getteng | 2018-05-11 12:00 | その他 | Comments(2)
Commented by imaipo at 2018-05-11 14:18 x
こんにちは
人口問題を何とかしないと中国人に
乗っ取られますよ、
彼らは日本の北海道から九州まで買いあさってます
国会議員はこのようなことは感じないのですかね。
Commented by getteng at 2018-05-11 16:38
imaipoさん
本件は以前から言われていますが、国会では何の動きもありませんね。
かつて、歴史家のトインビ-が言ったじゃないですか。
「その内、日本国中チンクスであふれかえる」と・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 街ブラ@地蔵通り 街ブラ@富士見町 >>