<   2011年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

原爆市長

b0190540_2131639.jpg


愚生の主治医から浜井信三(初代公選広島市長で主治医の叔父)著「原爆市長」
(副題:よみがえった都市―復興への軌跡)を頂戴した。

本書は昭和42年、朝日新聞社から出版されたもので、
タイトルの「原爆市長」は同社によるもの。

なお、此度の東日本大震災に当たり復刻版発刊したとあり、
帯には次の通り記されている。

「巨大地震の襲来、全てを呑み込んだ大津波、
さらに、原発事故による放射能被害・・・・・
東日本大震災で破壊された都市の様相は
原爆で破滅した広島と酷似している―広島がどのようにして復興への道を歩んだか・・・・・
――貴重な歴史の教訓!」

本書は、今なお心配の続くいわき市在のangelaさんにぜひ読んでもらいたい。

広島・自宅にて

by getteng | 2011-08-30 00:00 | Comments(26)

これって読めますか?

b0190540_720336.jpg


b0190540_7204475.jpg


b0190540_7205423.jpg


b0190540_721581.jpg


b0190540_7211515.jpg


バスで移動中、面白いビルを見付けたので途中下車。
以前何かの商売をしていたらしいが、
看板のペンキも劣化して簡単には判別できぬ。
で、数十分チェックし、次の通り読めた。

左から、「各種音楽教室」「生徒募集」「中国楽器店(上段は音符)」
「082-53-0666」「レンタルスタジオ」「中国楽器店」でいいかな?

広島・南区にて

by getteng | 2011-08-28 07:26 | Comments(38)

秋風吹く

b0190540_6541027.jpg


b0190540_6542249.jpg


b0190540_6543333.jpg


b0190540_654455.jpg


b0190540_6545646.jpg


b0190540_6551373.jpg


地下街のシャレオ。
モデルは微笑んでいるが、閑古鳥が鳴き、秋風が吹く。

広島・中区にて

by getteng | 2011-08-26 06:57 | Comments(38)

広島市はなぜ軍都だったか

b0190540_6442068.jpg


b0190540_6443278.jpg


b0190540_6444367.jpg


b0190540_6445395.jpg


第二次戦争前の当市は陸軍との結び付きが強く、
これが影響で発展していったといっても過言ではない。

第五師団の司令部が設置されたほか、
陸軍運輸部、被服支廠、兵器支廠、糧秣支廠等が置かれ、
陸軍の一大派兵基地、兵站基地の役割を担った。

日清戦争開戦後は大本営が当市(元広島城内)に置かれ、
明治天皇が来広した。
帝国議会も当市で開かれ、臨時首都の様相を呈した。

ということもあり、上下水道の完備、宇品港の整備が進んだともいえるが、
派兵拠点としての軍都的色彩が、
後に米軍による原爆投下の理由になったのか?

広島・中区にて

by getteng | 2011-08-24 06:54 | Comments(30)

平清盛=厳島神社なのか?

b0190540_620333.jpg


b0190540_6204628.jpg


b0190540_6205850.jpg


来年のNHK大河ドラマが「平清盛」に決まり、
宮島への観光客の増加が予想されるところ。

さて、清盛が厳島神社の社殿を直接造営したのか否か、
なぜ信仰したのかといった記述(探せばあるのだろうが)は読んだことがない。

平氏には、藤原氏の興福寺・春日社、源氏の八幡社のような
一族の精神的結合を象徴する氏寺、氏神がなく、
有力な寺社と連携した勢力基盤を持っていなかった。
で、一族の消長に不安を感じ、
清盛にとって厳島神社が平氏一門の氏神となっていったのでは?

広島・宮島にて

by getteng | 2011-08-22 06:30 | Comments(32)

真夏の夕の夢

b0190540_7502755.jpg


先日、夕寝で見たとんでもない夢。
yakkoちゃんからコモドドラゴンみたいなオオトカゲを預かる。
人馴れしているおとなしそうなオオトカゲだった。
夢だからなぜ預けたまでは分からぬ。
その内、オオトカゲが忽然と姿を消す。
「犬や猫が食われてしまうので、早く地下室を捜せ!」
と女房を怒鳴っている。

そこで夢は終わったのだが、
このことをyakkoちゃんに言ったら、
早速添付写真が送られてきた。
これにて、yakkoちゃんがオオトカゲ好きだということが証明されたのだが、
それが夢にまで現われるとは不思議だ。
果たして、良い前兆なのか、あるいは悪い前兆なのか?

jyuujinさんじゃないけど、トイレの夢ばかりではなく、
たまにはギャルが登場する夢を見てみたいものだ。

(注)写真は、yakkoちゃんが最近ヴェガスのRed Rock Canyonの
   ビジネスセンタ-で友人に撮ってもらったもの。

by getteng | 2011-08-20 08:02 | Comments(30)

義母の初盆

b0190540_745362.jpg


13日、宮之城の信教寺で合同法要を済ます。

義母は男5人、女4人、9人兄弟姉妹の長女。
その晩、本家を継いだ末弟宅(築130年超)に集まったのは、
正式にはカウントはしおらぬが、孫まで入れて約30人。

牛の臭いはするわ、庭でのBBQの煙の所為か
宴会中の座敷に蝿が集まる。
煙がなくなったら、今度は蚊や蛾が飛び込んでくる田舎!

親戚筋の少ない当家と比べ、多いってのは頼もしい限り。
しかし、つながりや名前がよく分からぬ上に、
鹿児島弁は全く理解不能でまるで外国にいるようで落ち着かぬ。

落ち着かぬといえば、移動中は同じ景色ばかりで
方向・距離・時間感覚が全く掴めぬ。
夜、道路の外灯も幹線以外にはなく真っ暗状態。
斯様なところには一週間も住めば飽きてしまうだろう。

年寄り男衆で村尾(川内産)と三岳(屋久島産)2升を空ける。
3Mの村尾は初めてだったが美味かった!

鹿児島・さつまにて

by getteng | 2011-08-19 07:17 | Comments(22)

「君が代」発祥の地

b0190540_7101791.jpg


b0190540_7102764.jpg


b0190540_7104794.jpg


b0190540_7105942.jpg


b0190540_7111114.jpg


b0190540_7112469.jpg


b0190540_7113531.jpg


入来武家屋敷群から国道42号線との交差点近くに大宮神社を見付ける。
境内に「君が代」発祥の地と書かれた簡素な碑が建つ。

「君が代」は横浜市にも発祥碑があるとか。
入来は君が代の歌詞の発祥で、横浜はメロディ-の発祥地。

この辺りの地は「日の丸」と呼ばれているようで、
神社前のJR九州バス停も「日の丸」である。

本社に奉納されている神舞の中で「君が代」を歌う。
これが明治13年に歌い始められた国歌「君が代」の基になった、
と入来町郷土史研究会。

義兄の話によると、本件は、黛俊郎(故人)が「題名のない音楽会」で
取り上げたことがあったと・・・。

鹿児島・川内にて

by getteng | 2011-08-17 07:22 | Comments(40)

入来麓伝統的建造物群保存地区

b0190540_6421597.jpg


b0190540_6422692.jpg


b0190540_6424139.jpg


b0190540_6425188.jpg


b0190540_643296.jpg


b0190540_6431629.jpg


12日、義母の初盆で鹿児島へ。
広島駅でカメラを忘れたことに気付く。
時間に余裕があったので自宅まで取りに帰る。
駅の待合室は蒸し風呂、新幹線の中はまるで冷蔵庫状態。
途中7分遅れるも、薩摩川内(せんだい)まで2時間27分。

タクシ-でさつま町へ(直行なら約40分)。
途中、入来町の武家屋敷跡の石垣が目に留まり下車。
全ては一般居住地のため敷地内には入れず、時間も気になる。

入来麓は、中世山城である清色(きよしき)城を背景として、
その山裾に武家集落が形成されたといわれあり。
見たところ、大半の屋敷は改築されたものであろうが、
石垣や門などは当時のままらしい。

全体像からして、本写真はほんの一部にすぎぬ。
それにしても、入来町というのは「眠っている」ようなところだ。

(注)
薩摩川内といえば、九州電力川内原発のあるところ。
1号機は目下定修中、2号機は本年9月から定修入り。
これにて、1&2号機ともに稼動停止も予想され、
計画中の3号機建設は論外か?

鹿児島・川内にて

by getteng | 2011-08-16 06:58 | Comments(20)

残暑お見舞い申し上げます

b0190540_2175958.jpg


b0190540_218973.jpg


本日から数日間、法事のため下ります。
貴訪、コメレスが遅れますので、あしからず。

広島・中区にて

by getteng | 2011-08-12 00:00 | Comments(18)