カテゴリ:広島市安佐南区( 1 )

イエズス会長束修道院


b0190540_2129276.jpg


b0190540_2129122.jpg


b0190540_21292187.jpg


b0190540_21293229.jpg


b0190540_21294320.jpg


b0190540_21295455.jpg


b0190540_2130417.jpg


b0190540_21301489.jpg


b0190540_21302410.jpg


b0190540_21303631.jpg


b0190540_21304594.jpg


市内安佐南区長束にあるイエズス会聖ヨハネ修道院西日本霊性センタ-(正式名称)
or長束黙想の家。
フ-ゴ・ラッサ-ル神父により1938(昭和13)年竣工。
同院は日本管区の中でも重要な場所で、
昭和時代におけるイエズス会日本人会員の初期養成は、ほぼ全て此処で行われていた。
2005年に機能を東京に移し、現在は黙想の家・霊性センタ-(修道院)となっている。
主要施設は木造3階建て、新館のみRC造である。
設計は上智大学再建のためにドイツから派遣された建築家のイグナチオ・グロッパ-修道士。
現在は3つの聖堂、3つの集会場、24の個室からなる。

写真を見てお分かりの通り、洋風建築ではなく和風建築が採用されている。
当地は熱心な安芸門徒(浄土真宗)の地であることから、
周辺に配慮しこのようになったと伝えられている。
爆心地からの距離は4.5キロに位置し、影響は軽微だったため倒壊は免れた。


by getteng | 2016-04-01 00:00 | 広島市安佐南区 | Comments(16)