2017年 03月 20日 ( 1 )

比治山「平和の丘」着手へ


b0190540_1133289.jpg


b0190540_11332416.jpg


b0190540_11334882.jpg


b0190540_1134764.jpg


b0190540_11342654.jpg


b0190540_11344284.jpg


b0190540_1135887.jpg


広島市は2017年度、「平和の丘」構想を掲げて比治山公園の再整備に着手する。
基本計画案の1期(17~18年度)として被爆建物の頼山陽文徳殿の改修などを行うとしている。

本殿は頼山陽没後100年を記念して1934年に市が建てたもので、
RC造平屋140㎡で比治山の裾に在る。
爆心地からの距離は≒1.8kmに位置し、爆風で屋根飾りが変形したといわれる。
閉館して何年経過しているのか不明だが、今頃になりよくも寝ぼけたことが言えるものだ。
5~6年前、被爆樹の毛虫の糞が首筋に入り、1か月間湿疹で頭に来て以来の訪問だった。






by getteng | 2017-03-20 00:00 | 広島市南区 | Comments(24)